かぼすの大苗施設整備&大苗生産開始! 一覧はこちら

JAおおいたかぼす部会が産地拡大に向けて大苗施設を整備し、平成31年3月1日からかぼす大苗の生産を開始しました。本協議会もこの取組を支援しています。かぼすの苗をハウスで育て成長を促進させることで、収益の上がる時期を早期化します(右表参照。苗は2年生を使用)。

また、育成するのは貯蔵に向く緑色の濃い豊のミドリという品種で、大分かぼすの貯蔵ものの品質の底上げにつなげます。400本の苗を生産者自らが育て、産地の拡大に取り組んでいます。

今後も美味しい大分かぼすを作り続けていきますので、消費者の皆様の応援をよろしくお願いします!



 

 



 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

 

 

[ 2019/03/06 更新 ]